図1.jpg
GNLF公式ホームページは、2016年4月をもって以下のリンク先に移転しました。
http://jp.g-nextleaders.net

FEC×GNLF シリーズ「日本の位置を再考する」

photo.jpg
 2013年6月30日(日)、民間外交推進協会(以下FECと記載)様とGNLFの共催イベント第1回目が行われました。これは「日本の位置を再考する」を大テーマとした2年間継続の全6回シリーズであり、各回、経済や軍事など詳細なテーマについての講演会・意見交換を行うという企画です。今回は初回ということで、まずは日本外交について概観すべく「日本外交の実情」をテーマとし、外務省総合外交政策局総務課長の岡野正敬氏とジャーナリストの根本かおる氏を講師としてお招きしました。参加者はGNLFのほか、5つの国際交流系学生団体HCAP、MPJ Youth、京論壇、日仏学生フォーラム、日中学生フォーラム(五十音順)です。

 まず岡野氏、根本氏それぞれから、日本外交についてのご講演をいただきました。岡野氏は、外交の目的は日本の国益だけでなく「地球益」を守ることであり、日本の外交力の強み・今後の在り方について「実像と虚像を見極めること、相手の意図を想像する想像力とそれを受け止める共感力が必要である」と述べられました。根本氏は、国際利益のために働くことは日本の力にもつながると述べられた後、他人の痛みを理解する共感力が必要であるという岡野氏との共通項を指摘しつつも、新3S(Speedy, Strategic, Speak up)を備え、理念を語れる日本人となるべきであると締めくくりました。
photo2.jpg
 その後の意見交換会では、各学生団体から両講師へ質問が投げかけられ、活発な議論が行われました。日本が外国から期待されている役割、中国・アメリカの2大国が力を増す中での日本の方向性など、実務家としてのより現実的な意見を聞くことができました。

この企画は、学生が実務家の視点・経験を直接聞くことのできる機会はめったになく、また第一線で活躍する社会人の方々にとっても学生と接する機会が少ないという問題意識から始まりました。初の試みなので、時間配分や議論形式など次回以降検討していかなければならない点もいくつかありますが、参加者の様子・満足度からすると今回は大成功だったと言えるのではないでしょうか。多大なご協力をいただいたFEC様はじめ、関係学生団体のみなさまに御礼申し上げるとともに、今後2年間にわたり御付き合い下さいますようよろしくお願いいたします。

なお、本イベントの特設ウェブサイトをただいま制作中です。講師の方々や参加団体の詳細、企画始動の経緯、毎回の様子や議事録等を公開していく予定です。



ページトップへ